食事が大切

医療の世界は日々進化してるって言うけど、実際の所わたしもよくわからんかってんな。
薬ももちろんそうですが、食から考える病気をしないからだ作り、というのがもちろん一番理想ってのが基本的には大前提。それでも病気をしてしまったら、そんな時に病院に入院などすれば、薬と同じかそれ以上に大切なのが、その病気のために綿密に考えられた病食の数々。

今回は例に骨粗鬆症の病院で出される病食、一体どのような基準で作られているんか。
骨粗鬆症って骨がすかすかになっていく病気やんね?カルシウムとか取ってたらいいんかなーとか簡単に考えてたけど、全然そんな簡単な話じゃなかった。

骨粗鬆症って、カルシウムをカルシウムとして収集できんくなる病気やから、カルシウムばっかりアホみたいに取ってても何も治らへん。で、どんどんひどくなっていく一方やねんな。
でもわざわざ病院入って、薬じゃなくて病食で直すって意味あるんかな?
なんかそれなら、落ち着く家でそれなりのもの食べてたほうがいい気もする。
骨粗鬆症で病院に入院してしまったら、一体どんな病食でなおしていくん?それとも、やっぱりそんなに改善できひんもんなんかな?
割と身近に存在する病気やのに、全くナゾだらけやわー!

骨に関する悩みで一番多い骨粗鬆症の治療に関する情報がたくさん掲載されてあるサイトです。ここをチェックして、不安を取り除きましょう。

Copyright(C)2013 骨粗鬆症は病院の病食で治す? All Rights Reserved.